学校の夏休みについて

学校においての夏休み

学校から出る夏休みの宿題

学校から出る夏休みの宿題は必要不可欠でしょう。(特に義務教育期間において)学生の本分の中で、「勉学」を排除することはできません。ですが、夏の長期休暇は暑い時期にあたるため、だるくなり、楽なほうへ楽なほうへいきがちです。そうなると、どうしてもめんどうな勉強はおろそかにされがちです。そういった最悪の事態を少しでも防ぐには、学校から出る夏休みの宿題は必要不可欠ということはこれから先の未来でも必要です。しかも、学生の間でしかできないことはそういった課題の中にもあります。(理科の自由研究とか。)なので、バカにできませんよ。

楽しみにしている夏休み

学校の夏休みはとっても楽しみのものです。長く休みなので色々なところに出かけたり、特別なことが出来たりゆっくり寝られたりと色々な事が出来ます。今、学力低下に伴って、脱ゆとり教育と言われ始めました。土曜日の登校日ば増えたり、開校記念日が登校日になったり、代休の休みの日が無いことがあったりと色々と変わってきています。夏季休業中のプールは多くても5回ほどになってしましました。また地域によっては夏休みの日数を減らしたりしているところも有ります。学校も色々と変わってきています。子供達は休みが多いとうれしいけど短くても、充実した日が過ごせるのが一番です。

↑PAGE TOP