通信制高校と郊外

通信制高校は郊外の救世主

通信制高校は郊外の救世主です

ネットが普及している今日、通学に時間を割くくらいなら、その分を学習に充てた方が遥かに学力は向上します。全日制や定時制の高校では、古くから対面教育が人格形成に役立つと言われていますが、その固着した考え方が学校に馴染めない生徒を多く生み出したのです。高校がない過疎地では進学のために親元を離れ慣れ下宿生活を送らなくてはなりませんが、通信制高校では自身の成長過程に則した人格形成が可能なため親しんだ環境を離れる必要がなく、地域の衰退を食い止めることにもなります。

↑PAGE TOP