通信制高校の内容

通信制高校の内容と実情

通信制高校の内容と実情とは

通信制高校とは、その字の通り、通信で教育をうける高校です。カリキュラムの全てを通信で行うのではなく、月に2~10回程度のスクーリング生後があり、レポートの提出が求められます。時間がとれるので、会社などで働きながら通信制高校で学ぶ生徒もいます。誰かの指導のもとで学習を進めるのではなく、自身で学習計画を立て取り組んでいかなければなりません。そのため、うまく学習が進まず何年も在学している生徒や、結局辞めていく生徒も少なからずいるのが実情です。

↑PAGE TOP